菅野のなが代表をつとめるオーガニック料理教室で学ぶならワクワクワーク【川崎・武蔵小杉駅近く】

おにぎりワークショップの裏側レポート♪

 

6月2日に開催した第1回『小杉よっといでマルシェ』。

300名以上の方にご来場いただき、

おにぎりワークショップにもたくさんの方にご参加いただきました。

本当にありがとうございます!!

ワークショップを担当しました、認定講師井上が、

今回のワークショップの裏側をお伝えします。

マルシェのテーマ『0才から100才までのつながるマルシェ!』の通り、

おにぎりワークショップにも、ワクワクワークの生徒さんだけでなく、

小さなお子さまからおじいちゃんおばあちゃん、

おひとりで参加される方もたくさんいらっしゃいました。

「この日、人生初めておにぎりを握る!」

「家族のために握ることはあっても一緒に作るのは初めて。」

「鮭のおにぎりが好きです!」

など、皆さまそれぞれお話していただき、ワークショップがスタート。

おにぎりは弥生時代にはすでに作られていたそうで、まさに日本人のソウルフード。

おにぎりの由来、形の意味、味噌汁の出汁についてなど、

各回、講師それぞれのお話をさせていただきました。

味噌汁は、横田農園さんの在来種の小松菜、

えがおファームさんの無肥料・無農薬のじゃがいもがたっぷり!

普段あまり味噌汁を食べないというお子さまにも召し上がっていただけました。

 

具材はみんなが大好き定番のものから、選んで楽しい手作りのもをご用意!

手作り具材は講師・鈴木によるもの♪

どれも厳選された食材で作っています。

お子さまのかわいらしい手で握られたおにぎりを、みんなで笑顔で見守る、

知らない方同士、自然と会話が生まれ

どこかホッと温かい時間が流れていました。

作って食べるだけではないのがワクワクワーク!

最後におにぎり型にそれぞれ皆さまの想いを書いて、

貼っていただきました!

おにぎりについて、自分の普段の食について、

ちょっと立ち止まって考える機会になっていたら幸いです。

 

並んだカラフルなおにぎりがかわいいこと♪

読んでいるだけでジーンと涙しそうになるスタッフ続出でした。

 

ワークショップは、お馴染みの講師陣の他、

多くの認定講師がサポートしてくれました。

産後初復帰の方も♪

赤ちゃんをおぶった姿に、ワクワクワークの多様性、

どんな方も自分らしく働くことができるということを

改めて感じることができました。

初めてのマルシェ、初めてのおにぎりワークショップに思考錯誤しながら、

でも想いはブレずに、準備を進めてきました。

やりたいを形にすることは、本当にワクワク楽しい時間です!

すでに次の開催に向け動き始めています。

次回は、11月23日に開催予定です。

またマルシェで皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!