菅野のなが代表をつとめるオーガニック料理教室で学ぶならワクワクワーク【川崎・武蔵小杉駅近く】

【持続可能な食について】スウェーデンからのゲストクリスティーナさんからの学び。

9月16日にスウェーデンの地方政府機関にて持続可能な社会づくりに
取り組まれること数十年!クリスティーナさんをゲストにお迎えしてイベントを開催しました。

認定講師のゆりさんが半年近く前から企画。
繋げてくださったご縁にも大きな感謝です。

クリスティーナさんが私たちに寄り添って経験や話をして下さる姿に本当に感動しました。

ずっと取り組んでいる大先輩がいるということの安心と素敵なおとなとの出会いという感激も。

オーガニックという観点で見た時の日本の事実や情報は、希望の多いものではないけれど、

でも私が届けたいのは「毎日のごはんから私のしあわせを見つけ育てること。」

希望をもって、未来へ持っていきたいもの、伝えていきたいことがあると心底思っている。

できる一歩一歩を進めている。でも、どこか何か心細いものがあったのかもしれない。

お会いしてお話聞いただけで涙が出てしまいました!
世界から学べる意味ってこんなところにあるのか・・・と、実感もできました。

この日は英語飛び交う、国際色豊かなキッチンとなり、
新しい空気で満ちていて、みんなで握って食べたおにぎりも格別でした♪

オーガニックな取り組みの先を行くスウェーデンも1-2年で変化していったこと(もちろん背景や環境色々ありますが・・)

お話会の中で、 「皆でgreat food transformation (素晴らしい食への変化)を成し遂げましょう」 と
クリスティーナさんがおっしゃって下さいました。

環境の問題はたくさんありすぎるから毎週ひとつづつテーマを決めて
深めていけるといいというアドバイスも嬉しく、早速認定講師のグループ内で実施し、学びはじめています。

長年取り組むクリスティーナさんから「私もまだ学び中です」との言葉も。
知り深めながら進む必要のあるこのテーマについて、私たちに多くの気づきをくださいました。

かながわSDGsパートナーとなったこともしっかりと活かしながら
一歩一歩進んでいきたいと思います。

おふたりの友情がゆりさんが留学したての時にスーパーで水を探していて、
クリスティーナさんに「水はどれですか?」と声をかけて聞いたのがきっかけというのも素敵すぎるお話。

心から尊敬するスウェーデンの大先輩、クリスティーナさん本当にありがとうございます!

そして準備をたくさんしてくれたグローバルな活動を進める
認定講師グローバル部(通称G部)ゆりさん&あじちゃん&チェロさん本当にお疲れ様でした!