冬至にかぼちゃを食べる理由とは?

今年の12月22日は冬至です。
冬至は1年で最も昼が短い日であり、太陽のエネルギーが弱くなる日。

一方で、この日を境に、昼の時間が長くなる。

太陽のエネルギーが復調し、
太陽が生まれ変わる日として、1年のはじまりとする考え方。


「一陽来復(いちようらいふく)」として、
幸運にむかっていく始まりの日とも考えられています。


冬至の日には「ん」のつく食べ物を食べるとよいと言われています。

「いろはにほへと」の終わりが「ん」であることから、
終わることで新たな始まりを迎えられる、
「一陽来復」の願いが込められているとも言われています。


だいこん、にんじん、れんこん、きんかん、なんきんなど 身体を温める根菜や、
ビタミンが豊富なかんきつ類も冬に旬を迎えますね。

太陽の赤を表す小豆と、
保存もでき、冬の栄養補給にもなるかぼちゃのいとこ煮。


運を呼び込むためにも、
この時期に旬を迎える、食べ物をしっかり頂き、味わいたいですね。

季節を感じ、毎日の変化を楽しみませんか?
昔ながらの行事や伝統、旬の野菜などについて詳しく学べる通信クラスがございます。

Tagged on: