菅野のなが代表をつとめるオーガニック料理教室で学ぶならワクワクワーク【川崎・武蔵小杉駅近く】

ひな祭りの歴史は○百年前から!?

3月3日は「桃の節句」です。
みなさま、「ひな祭り」の 歴史 はご存知ですか?

平安時代のころ、貴族の子どもたちの間で「ひいな遊び」という
おままごとのような人形遊びが人気でした。

その頃の人形は、「流しびな」という人の代わりに厄を受けてくれるものでした。

時代を経るにつれ、「流しびな」から「飾りびな」へと変わります。

江戸時代には女児の誕生を祝う「初節句」の風習と重なって、
現代に通じる、女の子の誕生や成長・幸せを願うお祭りへと変化したようです。
(行事が約400年前から受け継がれていることになりますね!)

また、3月3日を過ぎると
ひな人形を早く片付けたほうがよいとされていますよね。

「お嫁に行けなくなるよ」
と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは古来からの風習で、
厄を移した身代わり人形は早く片付けたほうがよいという考え。

早く片付けることで早くお嫁に行ける(早く片付く)という考えや、
七段飾りのひな人形を早く上手に片付けることで、
片付け上手な女性になってほしい親心からとも考えられています。

歴史や意味を知ると、
今年のひな祭りをより一層楽しむことができそうですね。

ひな祭り・・・深くまだまだあるんです謂れが・・・!
伝統と歴史は知れば知るほど面白く、繋がりがあり、感銘を受けます。

伝統を学ぶ!子どもと食べたい旬と行事食の通信クラスでは
行事の理解が深まるコラム、
行事食や旬野菜のレシピをご紹介しています。

こちらも合わせてごらんください♪
1年間の様々な行事と食をお伝えしている【伝統と行事食のコラム】リンク集