みんなで一緒に仕込むとたのしい!~「味噌の寒仕込み1dayレッスン」開催レポート

みんなで一緒に仕込むとたのしい!~「味噌の寒仕込み1dayレッスン」開催レポート

毎年恒例、ゲスト講師に吹留純子さんをお招きし、「味噌の寒仕込み1dayレッスン」を開催しました。 たのしくわかりやすく、大豆や麹について教えていただき、吹留さんの大豆愛あふれるお話に皆さま笑顔に♪ 貴重な在来種の大豆を使…

ひな祭りにちらし寿司・蛤のお吸い物をいただく意味とは!?

ひな祭りにちらし寿司・蛤のお吸い物をいただく意味とは!?

3月3日はひな祭り。ひな祭りは、今では女の子の健やかな成長や将来のしあわせを祈ってお祝いをする行事ですね。 ひな祭りには伝統的なお祝い料理があり、その当日か前の晩である宵節句にひな人形を愛でながらごちそうをいただきます。…

年越しそばに込められた願いとは?

年越しそばに込められた願いとは?

もうじきやってくる一年の締めくくり大晦日にいただく行事食といえば、年越しそばですね。 あわただしいお正月の準備の合間にいただいたり、 この日ばかりは夜更かしをしてゆったり除夜の鐘を聞きながらいただいたりする方も多いのでは…

おはぎはこれ!というレシピに出会えました。~「郷土料理・行事食オンライン」開催レポート

おはぎはこれ!というレシピに出会えました。~「郷土料理・行事食オンライン」開催レポート

「大切に繋ごう!郷土料理・行事食オンライン」お彼岸の行事食、おはぎをオンラインで作ろう♪を開催しました。 デモンストレーションで行われた小豆あんは 「ちょうどいい感じの目安が分かりやすく、 甘さ控えめでおいしく作れる」と…

「七夕」を「たなばた」と読む意味とは?

「七夕」を「たなばた」と読む意味とは?

7月7日は「たなばた」ですね。 短冊に願いを込めて、みなさまも書きましたか? なぜこの「七夕」という字を「たなばた」と読むようになったのでしょう? そのルーツは「棚機(たなばた)都女(つめ)」という 日本古来の禊(みそぎ…

6月なのに氷? 氷の朔日(ついたち)とは?

6月なのに氷? 氷の朔日(ついたち)とは?

6月1日は氷の節句、氷の朔日(ついたち)と言われています。6月なのに氷?不思議な感じですよね。 古くは室町時代。暑さをしのぐため、6月1日に氷を取り寄せ、臣下とともに氷を食べることで暑気払いを行う、宮中での儀式「氷室(ひ…

13歳になる子どもたちの健やかな成長を祝う・願う行事、十三参りとは?

13歳になる子どもたちの健やかな成長を祝う・願う行事、十三参りとは?

4月13日に、十三参りと呼ばれる風習があるのをご存知ですか? 今回ご紹介する「十三参り」実は代表的な行事食がありません。 子どもの成長を祝う「十三参り」の4月には旬を迎えるたけのこ。旬で縁起の良いたけのこご飯でお祝いして…

4月8日は花まつり。○○○○の誕生日です!

4月8日は花まつり。○○○○の誕生日です!

4月8日は「花まつり」。 「灌仏会(かんぶつえ)」とも言い、他にも浴仏会(よくぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、竜華会(りゅうげえ)などの別名もあります。 この日は、とあるお方のお誕生日と言われているのをご存知ですか? …

【伝統と行事食コラム・リンク集】伝えていきたい季節と歩む暮らし。

【伝統と行事食コラム・リンク集】伝えていきたい季節と歩む暮らし。

子どもに伝えたい、未来に繋いでいきたい行事や食はありますか? こちらは 1年間の様々な行事と食をお伝えしている 【伝統と行事食のコラム】のリンク集です。 「今の季節にはどんな行事があるのかな?」 「どういう意味があるの?…