事八日には、具だくさん味噌汁「おこと汁」で、無病息災を祈ろう!

事八日(ことようか)と呼ばれる日をご存知ですか?

旧暦上の12月8日と2月8日は「事八日」と呼ばれています。

「事」とは、仕事のこと。
昔の日本は畑も多く、ほとんどの人の仕事は農作業でした。

農作業の神事が終わる頃の12月8日を「お事納め」、
農作業の準備が始まる頃の2月8日を「お事始め」
とされています。

農作業や月の満ち欠けをもとに、
季節とともに暮らしていた人たちの暮らしぶりがうかがえますね。

ちなみに、「事」を新年の祝い事と解釈し、
12月が事始め・2月が事納めとしている地域があったり、

この両日を「針供養」の日として、いつも針仕事で使っている針を休め、
女性は裁縫を休む日ともいわれているそう。

地域によっての違いや、さまざまな説が存在するのも、
伝統ある風習のおもしろいところですね!

そして、気持ちも切り替わるこの節目の日に、
五穀豊穣や無病息災を願って食べられていたのが「おこと汁」。

おこと汁は別名「六質汁」(むしつじる)とも呼ばれ、
芋、大根、人参、ごぼう、小豆、こんにゃくの6種類の具材が
入った味噌汁のこと。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、体の芯から温まる
具だくさん味噌汁は、この寒い季節にぴったりですね!

12月8日、2月8日には、おこと汁を作ってみませんか?

その他行事や伝統食についてはこちらの講座で学ぶことができます!

⇒【通信クラス】子どもと食べたい旬と行事食の通信クラス
こちらは毎月学びたい旬と行事食を1年間学ぶものになっています。
ずっと使える大事な知識を学ぶことができます。

⇒【通学クラス】 [1月開講]食の学び温故知新クラス
お茶室でのレッスンや、懐石についてなど、
食にまつわることをあらゆる角度から古きを学びます。

連綿と続いてきた日本の食、
繋がなければ消えてしまうものでもあります。

次の世代へ一緒に繋いでいきましょう。

Tagged on: ,