個人でもチームでも活動できるのが魅力!認定講師・森晶子さん

3人の子どもの育児をしながら
本校のオンライン料理教室の講師や、
個人でのマイプロジェクトの開催もしている
認定講師の森晶子さん。

認定講師として活動しながらの
育児との両立や、
オンライン料理教室についてなど、お話を伺いました。

現在どんな活動をしていますか?

ワクワクワークの本校では、
おにぎりキャラバンオンラインの運営実施、
卵乳製品を使用しない滋養おやつ教室オンライン
講師をしています。

個人の教室でも、おやつ教室を中心に開催していて、
現在はオンラインで開催をしています。

                            (一番下の真ん中が森さんです♪)

資格をとってから、これまでどんな風に活動してきましたか?

2017年に認定講師の資格を取得し、
食と心のバランス講座のアシスタント、
サブ講師、メイン講師を担当してきました。

本校での卵乳製品を使用しない滋養おやつ教室
認定講師仲間と一緒に開講したり、
発酵手しごと講座のアシスタントや発信の仕事などを
担当していたこともあります。

ライフイベントでは、2019年の10月に第三子を出産しました。

悪阻で活動できない時期もありましたが、
柔軟に働き方を見直していただけて、
とてもありがたかったです。

産後3ヵ月頃から徐々に発信周りの仕事で復帰させていただき、
本校のレッスンのオンライン化が進んだことにより
レッスン講師としての復帰したのが現在です。

3人の子どもの育児をしながらの活動、どのように両立されていますか?

まだまだ余裕がなくて、、、両立できていないと思います!笑

すきま時間や子どもが寝た夜などに集中して進めています。
こうして活動ができるのは、家族の理解があってこそですね。

オンライン料理教室時は、在宅ワークになった主人が
仕事を調整し育児をしてくれた
ことで、レッスンに立つことができ、
本当に感謝しています。

また上の子ども達が小学生になり、末っ子の面倒を見てくれる
ことがあるので、その間に活動することもあります。
子ども達にも最大級の感謝です!

認定講師としての活動の魅力はどんなところですか?

ワクワクワークの活動が多方面へ拡がっているので、
やりたい分野に手を挙げて、関わることのできる活動が
たくさんあるところが魅力的
です。

また、常に認定講師同士の繋がりがあるので、
同じ分野に興味のあるメンバーでチームを作り進めることもしています。
一緒に進めていけるので、より楽しいです♪

オンライン料理教室を担当していて、嬉しいことは?

全国各地からご参加いただけることが、
毎回とても嬉しいです!


通学クラスと同じように画面を通してお一人お一人の
手元や仕上がり具合を確認しながら
レッスンをさせて
いただいています。

ご自宅にある材料やオーブンに合わせたアドバイスができるので、
レッスン後もご自宅で実践しやすい」とご感想をいただき、
これはオンラインならではの良いところと感じています!

工夫していることは、必ず事前に一人リハーサルをしていることです。
カメラの位置、デモンストレーションの見え方だったりを確認しています。

認定講師としての活動を通して、一番印象に残っていることは?

活動の全てが印象強くて、なかなか絞れません。。笑

一番ということだと、 ワクワクワークが、料理だけでなく、
心の持ち方、食の捉え方、生き方に向き合える料理教室
であること。

‟何よりも楽しみ生きること” に重点を置いていることですね。

日々の ‟ねばならない” から解放されました!」という感想
頂けることが、心から嬉しいです。

ワクワクワークのモットーである、
決して過去を否定することなく、ここから一緒に進んで行こう、
一緒に楽しんでいきましょう!

という考え方も大好きです。

これからの目標を教えて下さい。

創業者のなえみさん(松波苗美)が、
40年に渡り学び実践されてきたことを、
私たち認定講師に繋ぎ、ここから私たちが、
次世代に繋ぐ。


とっても素敵なバトンを受け取ることができ、
改めて嬉しく思っています。

これからの目標は、本校での講師復帰
個人教室の定期開催を再開すること。
また、子どもたち向けの講座も開きたいですね。

「毎日のごはんは宝物」であり、
栄養たっぷりなのに簡単!おいしい!が
誰にでもすぐにできること
を、 もっともっと多くの方に
届けていきたく、邁進しますー!


森さん、ありがとうございます!

ごはん、おやつ、発酵クラスなど色んな分野での
講師経験を経て、出産後もオンラインを取り入れた活動を
されたりと、ますます活動の幅を広げておられる森さん。

これからも素敵なバトンをどんどん繋ぎ、
ご活躍される姿を楽しみにしています♪