菅野のなが代表をつとめるオーガニック料理教室で学ぶならワクワクワーク【川崎・武蔵小杉駅近く】

神様のパワーをいただく!鏡開きとは。

鏡開きとは、
お正月にお供えした鏡餅を下げていただく行事です。

無病息災を祈願してお供えした鏡餅を
お汁粉などにして感謝していただくこと。

古来から、お供えしたものをいただくと
神様のパワーをいただけると考えられていたようです。

昔は「二十日正月」の20日に鏡開きを行っていましたが、
江戸時代から11日になったといわれています。

鏡開きは包丁などで切り分けてはいけないとされています。

お供え物に、刃物を向けるようなことはしてはいけないため、
また武家では、刃物は切腹を連想させるとして、木槌などで割っていたのです。

鏡割りともいわれていますが、
「割る」も縁起が悪いとして末広がりの「開く」を使い、鏡開きとなりました。

最近では、鏡餅をお供えする家も少なくなりましたが、
今も行事は続いています。

11日にお汁粉を食べながら、
はるか昔に思いを馳せ、先人の知恵を学びましょう。

創業者の松波苗美でした!