8月1日八朔(はっさく)のお祝いをご存じですか?

まもなく8月1日ですね。
八朔(はっさく)のお祝い、とは果物のことではなく、
八月の朔日(ついたちのこと)に行われる風習です。

旧暦の「八月朔日」は、現在で9月上旬頃のこと。
ちょうど稲がたわわに実り収穫を迎える頃。
同時に、台風や稲をついばむ鳥などの被害も増える時期。

収穫できる喜び、そして無事に実りをいただけるようにと、
田の神様に、「田の実」の豊作祈願をする日となりました。

「田の実」が「頼み」と同じ音であることから、
日ごろお世話になった方へ
初穂を贈る風習も生まれるようになったと言われています。

この日には、厄病除けに効果があると信じられていた、
ススキの花穂の黒焼きをいれた「尾花(おばな)粥(がゆ)」
食べる風習が室町時代頃からありました。

江戸時代になると、
滋養たっぷりの黒ごまを黒いススキに見立てた「黒ごま粥」へ
変わっていきました。
黒ごまの香りが美味しそうですね!
黒ごま粥を食べて夏を乗り切りましょう^^


昔ながらの行事食や伝統について詳しく学べる通信クラスがございます。
伝統を学ぶ!子どもと食べたい旬と行事食の通信クラス

Tagged on: