『みんなで食べたい時短おやつ』出版記念企画!!おやつ講師によるリレーブログ始めます♪

8月26日、代表菅野のなの著書
『みんなで食べたい時短おやつ』が
発売されます!

そこで、出版記念企画として
ワクワクワークの卵乳製品なしおやつコース認定講師が、
リレー形式で「私と時短おやつ」をテーマにしたブログを
綴っていきたいと思います。

講師それぞれの時短おやつの思い出や、
ちょっと面白いエピソード、
感動のエピソードなど・・どんな話が飛び出すのでしょうか。

1回目は、マネージャーであり認定講師の三浦から。
では、お楽しみください。

「白玉だんごが丸くなった日」

はじめて歯が抜けたとき、
洋服がサイズアウトしたとき、
ランドセルを背負ったとき・・・

子どもの成長を感じる瞬間は色々あるけれど

私が息子の成長を感じるのは
おやつ作りが上手になったとき。



 2歳くらいからおやつ作りに
興味を持っていた息子。

フォークでつんつん穴をあけたり
粉を混ぜたり、

たくさんお手伝いをしてくれる中で、
ずっと苦手だったのは
豆腐白玉だんごを丸めることでした。

「手の平を使ってくるくるまわす感じでね・・・」 と
説明しても
でき上がるのはいつもヘビのような棒状のもので、
白玉団子ならぬ白玉棒に。 

でも、好きな形で作れるのは
手づくりならではの良さ。 

「これもいいね!」と
息子のオリジナルを楽しむこと数年。

そんな息子も小学生になり、
いつも間にかきれいな丸い白玉だんごが
作れるようになりました。

コロコロ丸めながら
学校であったことを話してくれたり、
「今日はきな粉気分かな、いや、やっぱりみたらしかな」と

その日の気分で食べたい味を選んでみたり、
昼寝中の妹の分まで作ってくれたり。



おやつを作る日常は変わらないけど
おやつ作りを通して
心も体もどんどん成長している
息子の様子を実感しています。


おやつ講師たちの時短おやつの思い出や、
おやつのある日常の風景から
皆さまにも時短おやつを身近に感じていただけたら
嬉しいです。

次回も楽しみにしていてくださいね♪

★9月1日(火)にオンラインで出版記念イベント開催決定!
詳細はまもなくご案内します♪

★8月26日(水)発売!「みんなで食べたい時短おやつ」は
Amazonで予約が始まっています。

時短おやつの講師にご興味がある方はこちら♪