手作りおやつの魔法〜「私と時短おやつストーリー⑩」

「手作りおやつの魔法」

 
「ねえ、かあちゃん!きょうは、クリスマスだから
ケーキたべる日なんだよね?」

保育園に迎えに行くと、息子はそう言いながら
私に飛びついてきた。

あぁ、そうだった・・・私としたことが・・・

仕事で朝からトラブル続きの一日を過ごし、
不覚にも、今日がクリスマスイブだということを
すっかり忘れていた。

「クリスマスはいちごがのってるケーキ、たべるんだよね?!」
3才ともなると、ケーキのイメージも具体的で。

がっかりさせるわけにはいかないと
時計に目をやると、近所の洋菓子店は10分前に閉店している。

頼みの綱が切れたようで、どっと疲れが押し寄せてきた。

が、次の瞬間、「あ!家にバナナがある!」とひらめいた。

閉店間際のスーパーに滑り込み、苺を買って家路を急ぐ。

夕食の支度をしながら、同時進行でバナナケーキを焼いた。

「時短おやつ」のレシピ本に出合ってから、何度も何度も
作ってきたから、

レシピを見なくても鼻歌交じりで作れてしまう我が家の
定番おやつ。

夕食の後、焼きあがったバナナケーキに、
息子と一緒にクリスマス仕様の飾りつけをした。



思い思いに飾り付けたケーキは土台が半分食べられていたり、
ケーキよりもいちごが主役になっていたり、

決して美しいものではなかったけれど、
「わーい!クリスマスケーキだー!」と
素直に喜んでくれる息子は、ピュアでとっても可愛い。

いつものバナナケーキだなんて、1ミリも思ってなさそうだ。



椅子の上に立って小躍りせずにはいられない
はしゃぎっぷりを眺めているうちに、

疲労困憊だったはずの私も、幸せな気持ちで満たされている
のだから不思議なもので。

バナナケーキを焼くたびに、去年のクリスマスを
思い出しては口元が緩んでしまう。

あの時、ケーキ屋さんの閉店時間に間に合っていたら
こんな素敵な思い出にはならなかっただろうな。

手作りおやつには、平凡な日常をずっと忘れたくない
ひとコマにしてくれる

そんな魔法がある気がするのです。 

認定講師・渡部さやか(Instagramはこちら♪)


★これまでの「時短おやつストーリー」はこちら♪

★【9月26日】出版記念企画「卵乳製品なしバナナケーキオンラインレッスン」開催!

【10月30日】出版記念企画!アレルギーっ子ママ向け特別イベント開催!!


★その他も様々な出版記念イベントを開催しています。
是非、こちらもチェックしてみてくださいね♪

★8月26日(水)発売!「みんなで食べたい時短おやつ」は
Amazonでもご購入できます♪

★【9月開講】卵乳製品を使用しない滋養おやつ教室・基礎クラスの
詳細はこちら♪

【9月開講】オンライン!卵乳製品を使用しない滋養おやつ教室・NO小麦クラスの詳細はこちら♪

★あなたも時短おやつを伝えていきませんか?
おやつの講師にご興味がある方はこちら♪