菅野のなが代表をつとめるオーガニック料理教室で学ぶならワクワクワーク【川崎・武蔵小杉駅近く】

毎日のごはんがもたらすしあわせ。【English follows】

 

私たちは毎日ごはんを何かしら食べて生きています。

いつ、だれと、何を、どのように食べるか

それが毎日続いていきます。

 

 

「おいしい!」と、

毎日のごはんの時にしあわせを感じることができたなら

365日しあわせな時間があるということになります。

 

実はこれはいちにちを通した幸福感、しあわせを感じるセンサーにも

大きく影響していると感じます。

 

本当に食べたいものでないものを食べ続けたり、

食卓がしつけの時間になりすぎていたり、

ながら食べをしていたら

 

味わえないもの。逃してしまうもの。

 

これが積み重なったら味覚も感性も磨かれる。

おいしいは、考えることではなく、

純粋に感じることだから。

 

 

食べることは生きる力。

本当は何が食べたいか、何をおいしいと感じているか。

 

毎日のしあわせと直結した大切なごはんの時間を

滋味溢れる、心からしあわせを感じる時間にすること。

 

ワクワクワーク一丸となって、

もっと伝えていきます!

 

【英文訳】

What Everyday Meals Bring Us

 

Everyday, we eat something to live our lives.

So every time we face questions;

 

When, with whom, what, and how do you eat?

 

Those questions never end in everyday life.

 

“Yummy!”

If you can feel happiness during meal every time, then it means you have a happy time 365days a year.

 

In fact, ways in which you enjoy your meal influence your sensitivity to happiness in great deals.

 

Eating foods you don’t really want to eat,

Watching children’s eating behavior too much during meal

Or eating while doing something different

 

Repeating those sorts of behavior take you away tastes and sensitiveness.

 

Feeling “yummy!” is not something you figure out to be, but simply you sense it.

 

Eating is a source of life

 

What do you REALLY want to eat?

In which foods do you feel tasty?

Mealtime is connected to your everyday happiness.

WakuwakuWork never stops inspiring people more to make mealtimes blessed and rich in tastes.