菅野のなが代表をつとめるオーガニック料理教室で学ぶならワクワクワーク【川崎・武蔵小杉駅近く】

1月15日は小正月。小豆粥を食べる意味とは?

「大切にしたい食の習わし、行事」についても
お伝えしていきたいと思っています。

1月15日は、小正月といいます。

小正月って何?と思いましたか?
あまりなじみのない行事かもしれません。

小正月とは、1月15日の行事で14日から16日までの3日間
または、14日の日没から15日の日没まで、
または、望(満月)の日、または、元日から15日までの15日間ともされます。

松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれ、
小正月に邪気を払い一年の健康を願って小豆粥を食べる風習があります。

こちらの伝統を学ぶ通信講座にて詳しくご紹介しています♪

日本の各行事には意味があり、
無病息災を祈り続けた歴史を知ると、現代にあっても大切に
失われずに繋ぎ、伝えて行けたらと思い改まります。

またお伝えしていきますね!

代表の菅野のなでした!