今年の「初午」は2月9日。「おいなりさん」の由来をご存知ですか?

みなさんも良くご存知、身近な食べ物、「おいなりさん」。
なぜ、「おいなりさん」と呼ばれるようになったか。
その由来を本日はご紹介いたします。

お稲荷さまを祭った神社は全国各地にありますね。
お稲荷さまの総本山は京都にある伏見稲荷大社です。

711年、この京都の伏見稲荷大社の稲荷山に神様が舞い降りました。
その舞い降りた日が「初午の日」と言われています。
2020
年は2月9日がその初午の日に当たります。

稲荷神社の使いは狐。
狐の大好物である油揚げをお供えするようになりました。
次第に、油揚げにすし飯を詰めたもの
「いなり寿司」や「おいなりさん」と呼ぶようになったと言われています。

お稲荷さまは「商売繁盛」「五穀豊穣」などを司ると言われています。

初午の日に地元の稲荷神社へ参拝し、
「おいなりさん」をお供えすると
縁起の良い一年になりそうですね♪

行事や伝統食についてはこちらの講座、
伝統を学ぶ!子どもと食べたい旬と行事食の通信クラス
毎月の行事や昔の伝統を詳しくお伝えしています。

昔の伝統や暦に思いを馳せて、日々の変化を楽しみましょう♪

こちらも合わせてごらんください♪
1年間の様々な行事と食をお伝えしている【伝統と行事食のコラム】リンク集

現在募集中の講座一覧はこちらです。
【募集中の講座いろいろ】1dayイベント、オンライン料理教室、通学クラス、通信クラスをご紹介します♪

Tagged on: , ,