「七夕」を「たなばた」と読む意味とは?

7月7日は「たなばた」ですね。
短冊に願いを込めて、みなさまも書きましたか?

なぜこの「七夕」という字を「たなばた」と読むようになったのでしょう?

そのルーツは「棚機(たなばた)都女(つめ)」という
日本古来の禊(みそぎ)の風習にあります。

「棚機(たなばた)」とは、
布を織るための、機織り(はたおり)機(き)
のこと。

その機織り機を使って、
布を織る女性を「棚機(たなばた)都女(つめ)」と呼んでいました。

水辺などの清らかな場所にこもり、
機を織り、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、先祖にささげます。
この禊が7月7日の夜に行われるようになりました。

このことから「七」と「夕」という字を当て、「たなばた」と読むようになりました。

古来は、機織り、裁縫に由来する行事
この日に糸に見立てたそうめんを食べる。
神様にお供えしたものを、いただくことで神様からの力も頂ける。

このような考えから、そうめんを食べるようになったと言われています。

暑い夏に喉ごしのよいそうめん。
糸に見立てて食べる、神様からの力をいただく。
いつものそうめんが、少し違った気分で味わえますね^^


あの日に食べる食べ物にはどんないみがあるのかな?
昔ながらの行事や伝統について詳しく学べる通信クラスがございます。
伝統を学ぶ!子どもと学ぶ旬と行事食の通信クラス