9月9日は奇数が重なる、菊と親しむ○○の節句

9月9日は五節句の一つで「重陽の節句」の日。

中国からの陰陽五行という思想や文化が伝わり、
日本でも広まっていきました。

奇数の数字は陽の性質、吉を表し、
一ケタの数字の中でも大きな数字。

9が重なるこの日は陽が重なる
めでたい日として「重陽の節句」とし、
不老長寿や繁栄を願う行事がなされてきました。

「重陽の節句」では、菊のお茶をいただいたり、



お酒に菊の花を浮かべる
またお風呂に菊の花を入れる
枕に菊の花をつめて、邪気を祓うなど
様々な風習がありました。

夏の疲れを、薬効の高い菊や栗で
癒し長寿を祈りましょう。
皆さまも菊の香りを是非楽しんでくださいね!

★昔ながらの行事や伝統、旬の野菜などについて
詳しく学べる通信クラスがございます。
伝統を学ぶ!子どもと食べたい旬と行事食の通信クラス

★【伝統と行事食コラム・リンク集】はこちらです。
【伝統と行事食コラム・リンク集】伝えていきたい季節と歩む暮らし。

 

Tagged on: