おやつの誕生秘話とこれから。~出版記念イベントレポート

先日の出版イベントのトークライブの様子を少しご紹介!

前回の代表菅野のなの
「みんなで食べたい時短おやつ」に込めた思いに続き、

菅野と創業者松波苗美による
親子トークライブの一部をレポートします!


「みんなで食べたい時短おやつ」再刊ということで、
レシピを作った時のおやつの誕生秘話を教えてください。

代表菅野のな(以下のな)
まず、バナナケーキのレシピが完成したのが一番です。

バナナケーキができるまでも紆余曲折あり、
材料の配合や入れるものを調整して
結構時間がかかりました。

創業者松波苗美(以下なえみ)
レシピの特徴として
粉よりも他に入る果物や野菜の方が多い、というのを意識しています。

なので、バナナケーキだと
バナナが150g、薄力粉が100gでバナナの方が多いんです。

また、大さじ1や、同じ分量など
分かりやすくする、というのも意識しています。

のな:
いろいろな調整を続けて、ぴたっとはまるまで試作を続けましたね。

なえみ:
バナナケーキはシンプルなレシピになるよう
色々なものを抜いていったら

最終的には卵も乳製品も豆乳もなくてもできる
ということが分かりました。

アレルギーに対応するのがはじめではなく、
できるだけ簡単で
できるだけ素朴なおやつ
ということを考えた
結果そうなったんです。

のな:
あとは基本の型抜きクッキーですね。
これはなえみさんのミラクルショット!で
興奮とともに「できた!」と連絡がきましたね。

なえみ:
クッキーはバターも使わないというのがね、

その当時のバターを使わないレシピというのは
バターの代わりにものすごい量の油が入っていて、

どうにかそうじゃない方法はないかと考えて
お水に変えてみたんです。

のな
よくありがちだったのは
卵乳製品なしのおやつには豆乳が入っていることが多くて。

でも豆乳を使わずにできないかな?
水でいいんじゃない?ってなって。

豆乳バージョンを作り、
水バージョンを作り、
牛乳バージョンも作り。
そうしたら水が一番さっぱりして美味しいかも、と。

なえみ:
お水でいけるってことが分かったんですね。

この本をどんな方に届けたいですか?
どんな風になっていったら嬉しいですか?

のな:
いま私たちのおやつは信じられないくらいに育っています。

最初は、さっきのデモを見たら分かると思うんですが
イベントでは親子でおやつデモの時間がありました♪
うんと自由なおやつ教室、と言う感じだったんですよね。

いまは一緒にやってくれている認定講師のみんなが
より再現性を高くするにはどうしたらいいか、とか
より仕上がりをきれいにするにはどうしたらいいか、とか

仕上げてくれて

本当に色々な意味で「みんなで食べたい時短おやつ」
という風に5年かけてなったんです。

なえみ:
認定講師の皆さまには本当にありがたいし感慨深いです。

5年前のこの本からはじまって、
いまおやつの認定講師の皆さまがたくさんいらっしゃって。
それがみなさん本当に上手なの。

のな:
ここからみんなで広げていくようなストーリーにしたいですね。


みんなで食べられて
みんなで広げていくおやつの輪。

私たち認定講師も引き続き
このおやつを伝え、広げていきたいと思います!

皆さまもぜひ気になるおやつから
作ってみてくださいね♪

★おやつイベント&教室をいろいろ開催中です!

★おやつを伝える講師にご興味のある方はこちら
みんなの食の学校「食を伝える学部」