手作りおやつのある毎日〜「私と時短おやつストーリー⑱」

「手作りおやつのある毎日」

今日のおやつ何がいい?

そう聞くと、子どもたちはすぐに時短おやつの本をとってきて、
選びはじめる。

ケーキっぽいのがいいな、冷たいゼリーが食べたい!
など・・

意見が分かれると、2種類作ることもあれば、
わたしが食べたいおやつを追加するときもある。

時短おやつの本との出会いは、そんなに前でもないはずだけど、
今やキッチンの本棚にすっかりなじんで1番の古株のよう。

この本が我が家に届いたばかり頃は、まだ手作りおやつは
「特別な日」のもの、「頑張って作る」ものだった。

子どもたちのリクエストに答えながら何度も作るうちに、
いつの間にかおやつは手作りするのが当たり前になり、

手作りおやつは我が家の普通の光景になった。

常備菜を活用できたり、隙間時間で作れるぐらい簡単
時短おやつは、

がんばるわけでもなく、気負うこともなく、
すっと日常に中に入ってきて定着してしまった。

買ってきたおやつも、もちろんおいしい。

でも、手作りすることで得られるものは、
ただおいしいだけじゃなく、何にも代え難いものがある。

「時短おやつ」が、手作りすることのたのしさやしあわせ
教えてくれた。

今認定講師になり、この気持ちを今度はたくさんの人に
届けていきたいと思う。

認定講師・久保恵梨(Instagramはこちら♪)


★これまでの「時短おやつストーリー」はこちら♪

★8月26日(水)発売!「みんなで食べたい時短おやつ」は
Amazonでもご購入できます♪