しっとりふわふわな土や堆肥で癒される~たねのこプロジェクト

みんなで野菜を育てて種をとり、繋ぐ
「たねのこプロジェクト」。

今回はまず、
軽トラックにたっぷり300キロ
堆肥(はまっこユーキ)散布からのスタート!
 “はまっ子ユーキ”は、横浜市内の公園緑地や
街路樹などの剪定枝や刈草を原料として、
「緑のリサイクルシステム」によりできた堆肥で、
目に見えるものしか原料としていない、
環境にやさしい堆肥です。

土をふかふかにしたり、
肥料としても使えますが、
今日の目的は畝間に雑草が生えないよう防草のため!
土が見えてしまうと
その隙間から草が生えてきてしまうので、
ていねいに畝間に敷いていきます。

発酵している堆肥は
湯気もみえるくらい、良い加減な温かさ♪

その後は、種取り用野菜の花たちの
受粉を促すハタキかけや、

隣同士の花を交差させて揺する作業をしたり、
にんじん畝の除草のお手伝いを。

にんじんの芽より、
その他のまわりに生えてくる草の方が成長が速いため、
こまめに抜き、芽の成長を妨げないようにする作業です。
まだ小さな存在にエールを送るように
救済していたところで大粒の雨が。。

草もグングン根を張るこの時期
負けずに成長中の野菜たちです。