お茶の実・シソの穂摘み体験♪~清川村よってけさん✕ワクワクワーク里山プロジェクト

神奈川県のほぼ中央部にある清川村の
古民家カフェ「よってけさん」 との
里山プロジェクト。

創業者・松波苗美と
認定講師・鈴木薫が9月末に訪問したときの様子をレポートします♪

この時期は彼岸花の紅が鮮やかです。

懐かしさを感じるのは、
子どもの頃に見ていた風景に似ているだけでなく、
清川村の方々の人柄の温かさを感じるからでしょう。

今回は、お茶の実摘みとシソの穂を摘み、苗抜きの体験をしました。

無農薬、無施肥でのびやかに育ったお茶の木。
茶油を採るため青い実を摘み取ります。

お茶の実は、
はじけて落ちると下草にまぎれてしまうので青いうちに摘むのだそう。

蜂や蚊、ヒルもいます!
野性的な場所でしたが、夢中になってたくさんの実が集まりました。

集めたお茶の実は、
自然乾燥させたのち1~2週間ではじけて絞れます!

シソの穂は、摘み取った後の苗を抜いて畑を元通りにします。

根についた土はたたいて落とし、地面に戻します。
「土は宝よ!」
よってけさんの岩澤さんの言葉が沁みました。

収穫したたっぷりのシソの実を
早速、塩漬け、醤油漬け、オイル漬けにしましたよ。

萩やススキ、ホトトギスが揺れる里山は時の流れもおだやか。
自然の流れに生活を合わせていく暮らしがここにあります。

もうすぐ里芋掘りがはじまります。

古民家カフェよってけさんの皆さま、近隣の農家さん、
たくさんの体験とお話をありがとうございます!

★こちらも合わせてご覧ください♪

★現在募集中の講座いろいろはこちらです♪