【保存版】柚子レシピいろいろと保存法をご紹介!

神奈川県のほぼ中央部にある清川村の
古民家カフェ「よってけさん」 との
里山プロジェクト。


先日清川村より、
無農薬の柚子をたくさん送っていただきました!



箱を開けると部屋中が柚子のいい香り~^^

柚子が持つ、リモネンという香り成分は、
気持ちをすっきりさせる、ストレスを和らげるなどの
リラックス効果があります。

また、柚子にはビタミンCがたっぷり。

ビタミンCの量は柑橘類の中でもトップクラスだそう

特に皮の部分は、
実より多くのビタミンCが含まれているんですよ♪

乾燥肌の予防や老化予防、風邪予防、
血流が良くなる効果があり、
筋肉痛や肩こり、冷え性の改善も。

他にも胸焼けや胃痛などの不調を解消する効果などなど、
いろいろな効果を期待できる柚子。

日々の生活に取り入れていきたいですね!

今回は、認定講師が余すことなくたのしんでいる
柚子のかんたんレシピと保存法をご紹介しますね♪


 



まずは、柚子の皮をすりおろし
鍋や、汁物に入れるだけ。柚子の香りを存分にたのしめます♪



おにぎりに少し付けるだけで、旬をたのしむおにぎりになりますよ!



柚子味噌にして、ほろふき大根やおでんに付けて食べてもおいしい^^




皮を茹でこぼしてから、ひたひたの水ときび糖で水分がなくなるまで、
煮て乾かすと柚子ピールの完成。



柚子のはちみつ漬け氷砂糖で漬けてゆず茶
お湯で割って飲みます。水や炭酸で割ってもおいしいですよ♪

 

柚子のはちみつ漬けは、ケーキの具材としても大活躍!



ゆずの寒天ゼリーは、中身をくりぬいた柚子をそのまま器に!
絞った果汁100ccと水150ccに、きび糖(30〜60gお好みで) を煮溶かし、
粉寒天2gも溶かします 。
あら熱を冷まして冷蔵庫で固めたら完成です♪



ゆず塩調味料は、 くし切りにした柚子に
塩(ゆずの重さの10%)をもみこみ冷蔵庫へ 。
1日1回もんで塩をなじませ、1週間ほどたったら種をとりのぞいて、
ブレンダーや、フードプロセッサーなどでペースト状に。
ペーストでなくても細かく刻んでつぶつぶ調味料でも!



とってもかんたん、生柚子練り



柚子を種だけ除き、果汁をボールに絞ったら、皮を丸ごとみじん切り。
柚子の果汁とみじん切りした皮を合わせ、柚子の1/2量のきび砂糖を入れ、
きび砂糖が溶けて、とろんとなるまで混ぜれば出来上がり!

ジャムより柔らかいソースのような仕上がりです。
このままジャムのように使ったり、
酢と胡椒でドレッシングにしてもおいしいですよ^^



種からは、ペクチンがでますので、ジャムを作る時に使えます。
醤油に柚子の種を2~3日漬けておくと香りのよい柚子醤油に。
すぐに使わなくても種も保存しておくといいですね。

すぐに食べ切れない柚子は皮と実(果汁)、
種に分けて冷凍にしておくと使いたい時にすぐに使えて便利です。

丸ごと冷凍にしておいても使いたい時に調理可能。
そのまますりおろしても使えますよ。

香り高い柚子、丸ごと使って旬をたっぷりたのしみ
元気に冬を乗り越えましょう♪

清川村の皆さま、ありがとうございます!


★冬に食べたい小松菜の簡単レシピはこちら。

★自家製ポン酢で鍋料理をいただきましょう!

★たのしく食を学びませんか?
現在募集中の講座はこちらです♪