【かんたん旬レシピ】かぶのひじきソース。

かぶは昔から人を健康にする食べ物として重宝されてきました。
春の七草(すずな)として七草がゆには欠かせません。

旬は春から初夏・・(今です!)と冬です。

「旬」はとても利にかなったもので、
その季節に合った必要なものが摂取されるようになっています。



かぶは白い根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜の分類になります。
根の部分にはビタミンC、カルシウム、葉酸、食物繊維、
でんぷん消化酵素のアミラーゼなどが含まれ、胃腸を温め、消化を助けます。


葉にはビタミンCや鉄分などが含まれています。

白い根はあくが少なく、生でも火を通してもよく、便利な食材ですよ!

今回は生でおいしく、簡単にできる一品をご紹介します。

◆かぶのひじきソース◆



◆材料/2人分
かぶ1個、塩ひとつまみ、冷凍ストックしたひじき大さじ2、
ごま油、生姜、しょうゆ



◆作り方
① かぶの葉を切り落とし、根の白い所をよく洗います。
縦に4等分、それをさらに3等分に切り分け、ひとつまみの塩をふっておきます。

② 冷凍ストックしたひじきを大さじ2杯を戻しておきます。
フライパンにごま油を入れ、中火でひじきを炒め、
すりおろした生姜少々としょうゆ少々で味付けします。

③ かぶを軽くしぼり、器に盛り、ひじきをのせます。


常備菜を利用した、かんたんレシピです!
かぶのほのかな甘みをぜひ生のまま味わってみて下さいね。


★日々のお弁当作り、お悩みではありませんか?

お弁当作りがたのしくなる通信クラスはこちらです^^

★他にもたくさんの講座を開講中!現在募集中の講座はこちらです。