庭でぐんぐん育っちゃう!ご当地おにぎり紹介③~山わさびの醤油漬けおにぎり(北海道)

全国、そして海外からも繋がって、
みんなで一緒におにぎりを握るおにぎりキャラバンオンライン

おにぎりの思い出を話したり、クイズコーナーなど
たのしいコーナーがあります^^

新たにスタートした「ご当地おにぎりコーナー」では、
全国にいる認定講師が各地のご当地おにぎりをご紹介しています!

第3回目は北海道在住の認定講師 松田優子が
北海道の「山わさびの醤油漬けおにぎり」を紹介しました。



「山わさび」
とは、別名を「西洋わさび」
「ホースラディッシュ」とも言います。

一般的な緑色の本わさびと違って白いのが特徴です。
すりおろすと鼻にツンとくる辛さは、本わさびの1.5倍だそう。



ゆうこさんの住む、中標津町(なかしべつちょう)は、
知床の玄関といわれる中標津空港がある場所で、

人口2万3千人、自然豊かな酪農業の盛んな街です。

雪が解け、新緑の季節。
身近なところでフキやわらびなどの山菜も取れます。

「山わさび」は、
寒さの中で根っこに栄養をためています。

春になり、雪が解けて
葉が出始めたころに堀あげ、
旬の味覚をたのしむことができますよ。



今回の「山わさび」は、家の庭から堀あげたそう!

栽培は難しくなく、手を掛けなくてもぐんぐん育ってしまう
ワイルドな野菜なのだとか。

わさびのように、お刺身に添えたり、
ローストビーフには欠かせないものです!



すりおろしたものを瓶詰にして醤油漬けにするのも地元の定番。

お茶漬けや、おにぎりにピリッとおいしくて、ごはんが進みますよ♪

★ご当地おにぎりコーナー担当:ゆうこさん(認定講師)より

おにぎりキャラバン4回目の参加の松田優子です。
今日は、北海道特産の
『山わさびの醤油漬けおにぎり』を紹介しました。
我が家の庭から掘ってきましたよ^^
おにぎりで全国のみなさんとつながって、
おいしい笑顔からたくさんの元気をいただきました!
たのしい時間をありがとうございました♪

「山わさび」は食べた後に畑に植えておくと
また根っこが伸びて食べられるそうですよ。

おもしろいですね^^

その土地ならではの、自然の恵みをおにぎりでいただく。
身近にあると当たり前のことのように思ってしまいますが、
実はとても贅沢なこと。
感謝していただきたいですね♪

未来へ大切に繋いでいきたいご当地の味です!



★おにぎりキャラバンのお申込みはこちらから!

★伝統行事食や季節の手しごと、郷土料理を学ぶ講座はこちら

★他にもたくさんの講座を開講中です^^