冬至にかぼちゃを食べる理由とは?

冬至は1年で最も昼が短かく、夜が長くなる日。

今年2020年は、12月21日に冬至をむかえます。

古来、中国では、この日を境に太陽のエネルギーが復活するという
考えから、「一陽来復(いちようらいふく)」(気が陰から陽へ移り変わること)
として、祝う風習があったそう。

冬至の日には、邪気を払うという意味で、
太陽を意味する赤い小豆や、「ん(運)」のつく食べ物を
食べるとよいとされています。

特に「ん」が2個つくもの、

なんきん(かぼちゃ)、にんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、

かんてん、うんどん(うどん)

は、「冬至の七種(七草)」といわれ、運を呼び込める「運盛りの野菜」
呼ばれているそう。

「いろはにほへと」の終わりが「ん」であることから、
終わることで新たな始まりを迎えられる、「一陽来復」の
願いが込められているとも言われています。

また、野菜が不足しがちなこの時期に、ビタミンやカロチンを補給し、
寒い冬を乗り切るための知恵でもあるようですね。

赤を表す小豆と、冬の栄養補給にもなるかぼちゃのいとこ煮は、
まさに冬至にぴったりのメニュー。

冬至にはかぼちゃのいとこ煮を食べて、「運」を呼び込み、
元気に新たな日を迎えたいですね。

★ワクワクワークでは、昔ながらの行事や伝統、旬の野菜などについて詳しく
学べる通信クラスがございます。
詳細はこちらからどうぞ♪

日本の伝統と自然との在り方を知り、長く受け継がれる日本の食の本質を
学ぶ、【食の学び温故知新クラス】はこちら♪