神様のパワーをいただく!鏡開きとは。

鏡開きとは、
お正月にお供えした鏡餅を下げていただく行事です。

無病息災を祈願してお供えした鏡餅を
お汁粉などにして感謝していただくこと。

古来から、お供えしたものをいただくと
神様のパワーをいただけると考えられていたようです。

では、どうして鏡餅をお供えするのでしょう?

日本では元来、新しい年になると
年神様(としがみさま)が各家庭にやってくると考えられており、
その年神様を迎える行事がお正月です。

年神様が迷わないよう、玄関には目印として門松やしめ飾りを飾ります。
こうして家に迎え入れた年神様の依り代(よりしろ)、
つまり居場所となるのが「鏡餅」

そして、松の内(門松を飾っている期間)が終わり、
神様を送る意味で行われるのが「鏡開き」なのです。

鏡餅には、たくさんの神様のパワーが宿っていそうですね!

昔は「二十日正月」の20日に鏡開きを行っていましたが、
江戸時代から11日になったといわれています。

今でも、松の内が1月15日までとされる関西では、
15日もしくは20日に行う地域もあるようですよ。

鏡開きは包丁などで切り分けてはいけないとされています。

お供え物に、刃物を向けるようなことはしてはいけないため、
木槌などで割ります。

鏡割りともいわれていますが、「割る」も縁起が悪いとして
末広がりの「開く」を使い、鏡開きとなりました。

1年を元気に過ごせるよう願いを込める、
伝えていきたい行事ですね。

今ある生活に感謝し、11日にお汁粉を食べながら、
はるか昔に思いを馳せ、先人の知恵を学びましょう。

 

★オンラインで、伝統食の作り方や季節の手しごとを
たのしく学んでみませんか?

★日本の伝統を知って、日々の食事をさらに楽しみませんか?
都内茶室での課外レッスンもある通学クラス
「食の学び温故知新クラス」が開講します!

★昔ながらの行事や伝統、旬の食材などについて
詳しく学べる通信クラスもございます。

伝統を学ぶ!子どもと食べたい旬と行事食の通信クラス

★伝統や行事食に関する記事をこちらからご覧いただけます♪

【伝統と行事食コラム・リンク集】伝えていきたい季節と歩む暮らし。

Tagged on: ,