6月なのに氷? 氷の朔日(ついたち)とは?

旧暦の6月1日は氷の節句、氷の朔日(ついたち)と言われています。
6月なのに氷?不思議な感じですよね。

旧暦と新暦には、少しずれがあります。
旧暦の6月は夏の暑さを感じる頃でしょう。

古くは室町時代。
暑さをしのぐため、6月1日に氷を取り寄せ、
臣下とともに氷を食べることで暑気払いを行う、
宮中での儀式「氷室(ひむろ)の節会(せちえ)」
が行われていました。

「氷室」とは、地下などのひんやりと涼しく、
冬の雪や氷を夏まで保存しておける場所で、
宮中ご用達の氷室が各地に作られていたそうですよ。

昔は冷蔵庫もない時代。
氷は貴重品だったんですね。

いまでは、かき氷が手軽に楽しめますが、
冷蔵庫がないと、食材の保管に困りますね。


昔は、6月1日に氷を楽しめるのも一部の人たち。
なにか氷に似た食べ物はないものか?

そう考えた民間の人々は、

お正月に収穫したお米を搗き、お餅にし、
乾燥させて
作った保存食の
氷餅(こおりもち)や、凍み餅(しみもち)を
この日に炒って食べるようになったとか。

この炒り餅を食べることで「歯固め」になったとも言われています。

歯が丈夫になり、健康に長生きできるようにと願ったのだそう。

煎り豆やあられを「歯固め」として食べている地方もあるようですよ。

昔の人たちのユニークな発想や、
理にかなった発想を知っていくと面白いですね!

今でも旧暦の6月1日の頃、「氷室祭」が行われたり、
新暦にあてはめ、7月に行事が行われたりと地域によって違いはありますが、
無病息災の願いを込めて大事に受け継がれています。



★伝統を繋ぐ、季節の手しごとがオンラインで学べるレッスンがございます!

★知れば知るほど、さらに知っていきたくなる、日本の昔。
毎月の行事や伝統、旬の野菜のレシピを学べる通信クラスもございます!

 

★現在募集中のクラスはこちらです♪

Tagged on: ,