まもなく始まる「夏の土用」に食べたい旬とは?

立春、立夏、立秋、立冬。

この日はそれぞれの季節の始まりを示します。

立春、立夏、立秋、立冬の前18日間の期間は全て「土用」と言います。
「土用」は年に4回あるんですよ!

立夏の終わりから、立秋の始まりにかけての18日間を「夏の土用」といい、
だいたい7月19日頃から8月6日頃のことを指します。

「土用」は季節の変わり目。

体調も変化を起こしやすいことから、
旬のものを食べて、元気をつけると良いとされています。

この頃には、
しじみが旬を迎え「土用しじみ」と呼ばれるほど。

しじみには、夏に汗と共に排出してしまう、
ミネラルを補給するのにも最適です。


また、タウリンも多く含まれており、
疲労回復などの効果もあるとされています。


さまざまな栄養が含まれているので、腹薬とも言われるのだとか。

夏の土用は、1年のなかでもっとも暑さが厳しい時期にあたるため、
食べものの他に、昔は柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり、
体にお灸をすえたりして、夏バテ防止などの対策を行っていたそう。

昔から伝わる習慣は、先人の知恵がいっぱいですね!

土用しじみ、ぜひ取り入れて暑い夏を乗り切りましょう♪


★昔ながらの行事や伝統、旬の野菜などについて詳しく学べる通信クラスは
こちらです。

★伝統を繋ぐ、季節の手しごとがオンラインで学べるレッスンがございます!

Tagged on: ,