まもなく始まる「夏の土用」に食べたい旬とは?

立春、立夏、立秋、立冬。

この日はそれぞれの季節の始まりを示します。

立夏の終わりから、立秋の始まりにかけての18日間を「夏の土用」といい、
だいたい7月19日頃から8月6日頃のことを指します。

「土用」は季節の変わり目。
体調も変化を起こしやすいことから、
旬のものを食べて、元気をつけると良いとされています。

この頃には、
しじみが旬を迎え「土用しじみ」と呼ばれるほど。

夏に汗と共に排出してしまう、ミネラルを補給するのにも最適です。
土用しじみ、ぜひ取り入れて夏を乗り切りましょうね!

昔ながらの行事や伝統、旬の野菜などについて詳しく学べる通信クラスは
こちらです。
伝統を学ぶ!子どもと食べたい旬と行事食の通信クラス

Tagged on: ,