おにぎりの日を作りました~「私とおにぎりの思い出⑩」

おにぎりの日を作りました

子どもができて、子どものごはんをいろいろ考えるようになって、
あれもこれも少しずついろいろ食べて欲しいと頑張る私に、

「ごはんはおにぎりとお味噌汁だけで十分なんだ」

と気づかせてくれた、おにぎり。

そんなことにハッとして、
週に1回は「おにぎりの日」を作ろう!
と思い立ちました。

1週間の予定を見て、私が疲れてそうな時、
外食などで食べすぎそうな日の次の日とか、
おにぎりの具にした常備菜を食べきりたい時とかを
「おにぎりの日」にします。

おにぎりの日の朝ごはんは、
おにぎりとお味噌汁しか作らない。
あれば常備菜を添えるくらい。

おかずを作らなくていいだけですごーく気が楽になり、その分、
おにぎりはどうしようか、
みそ汁はどうしようかと考えるのがたのしい。

青菜の茎の部分を塩もみして、白ごまと混ぜたおにぎりにしようかなとか、
焼きおにぎりはいつものお醤油を醤油麹にしてみようかなとか、

いつもと形を変えて小さなボールに握って、
白ごまと黒ゴマを混ぜた所に転がそうかな、
中途半端に残った煮豆でおにぎりにしちゃおうかなと、

ワクワク作れる。

お味噌汁だって、面倒だけど、
子どもが大好きなポタージュを作ってあげようって思える。

そう、おにぎりの日は心軽やかに、
時間も少し余裕があって、
子どもに優しくできる気がする。

ちょっと良いお母さんになった気になるのです。

「おにぎりの日」は私の強い味方です♡

 

認定講師・槌江 徳子(facebookはこちら♪)


★おにぎりキャラバンオンライン開催中です!
赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで大歓迎♪

★これまでの活動はこちら♪

★これまでの「私とおにぎりの思い出」はこちら。