食の温かな繋がりをオンラインへ。

おかげさまで、オンラインで多くの企業のみなさまに料理教室や食に関連するイベントをさせていただいています。

私たちの目指すオンラインは料理教室としてわかりやすいことはもちろん。
一方通行のウェビナー形式のものではなく、一緒に同じ釜のごはんをつくって食べたかのような、参加者それぞれの温度がほっと温まるものを目指しています。

15年運営してきている料理教室では、「毎日のごはんから私のしあわせを見つける。」を理念に運営してきました。

料理を習っておしまいではなく、それぞれが自分の生活に戻ったときに快適な一歩となるような食生活の提案をすること、そんな料理教室を鎌倉に本校を置き、運営しています。

大人のためのコースはもちろん、子どもたちもたのしく学んでします。
3歳から小学生まで。

教室でお届けしている「それぞれ」の食のしあわせへの取り組み。これをそのままにオンラインの世界に持っていくために。どうしたら持ってこれるのか、こだわり続けて、疎い機材にも強くなって(笑)いい形へなるようにと日々取り組んだ結果、

コロナ禍ではじめた「おにぎりキャラバンオンライン」が愛あるサステナブルな取り組みとして農林水産省・消費者庁・環境省連携「あふの環プロジェクト」主催サステナアワード2020伝えたい日本の”サステナブル”AgVentureLab賞受賞!農林水産省より食育白書にも掲載いただきました。

私たちのオンラインでの取り組みは日本政策金融公庫「調査月報」2022年1月号に「時間や空間の常識を覆す小企業~ニューノーマルの先端をゆく発想~」というテーマでご紹介いただきました。

オンラインは直接顔も合わせられないし、何かを深めていくのが難しいものと思われがちですが、オンラインで温かい繋がりを生んでいくはできる。料理教室で取り組んできたことの延長として取り組みを深め、

福利厚生や企業イベントなどを通して大きな企業のみなさまとたくさんの機会をいただき、それが伝わり、お届けできていると感じます。

こちらの記事では2021年の取り組みを振り返っていますが、本当にたくさんのみなさまとご一緒してきたなあと感慨深い思いです。

ご参加のみなさまは本当に自由にしていただいています。一人暮らしの方、単身赴任の方、ファミリーのみなさままで参加のみなさまも様々。

お酒を飲みながらであったり、お子さんとワイワイしたり、かわいらしいちびっこの感想があったり、大人のはじめてのおにぎりであったり、画面オフで楽しまれる方もいれば、完成を参加しているみなへ見せて下さる方も。

それぞれの楽しみ方で、温かいものを柔軟に寄り添いながら届けていくこと。
結果リピートのリクエストもたくさんいただき、うれしい!

昨日もご依頼いただいている大きなオンラインイベントの準備を最善のものになるようにスタッフであれこれもっとこうできるのではないかと話し合っていました。

食を通してオンラインでもお届けできる温かな繋がり。
最善を尽くして場を温めつくっていくこと。

それぞれの発見とたのしみ方、楽しさ、そして美味しいという純粋な感覚。
2022年2月に法人となって新しく掲げたビジョン「すべてのひとに食のしあわせを。」に沿って、

これまでの積み重ねも踏まえて、ここからももっと取り組み、私たちのできる貢献をできる限りしていきたいと思うこの頃です。

法人向けオンライン料理教室や食のイベントにご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいね。

また色々書いていきます!
代表の菅野のなでした。