私これがやりたかったんだ!~認定講師・伝法谷佳代さん

武蔵小杉本校で複数のクラスのレッスンを担当している、
卵乳製品なしおやつコース認定講師
〈オンラインクラス〉食のお話アドバイザーの伝法谷佳代さん。

そんな佳代さんに、
受講中に印象に残っていることや、受講後のご自身の変化、
また仕事との両立についてなどお聞きしました。

ワクワクワークでは今どんな活動をしていますか?

認定講師の勉強会
武蔵小杉本校のレッスンアシスタントを担当させていただいています。

講師養成講座を受講しようと思った決め手は?

子どものアレルギーをきっかけに食に興味を持ちはじめました。

からだにやさしいおやつが簡単に手作りできる!!!
米粉も対応していて講師養成講座もしているという
ワクワクワークの広告が目にとまったことがきっかけ。

なになに?と説明会に飛び込んだ記憶があります。

日程の調整も可能とあって、相談したら気持ちよく対応してくださったので
ありがたかったです。
写真の通りあったかい雰囲気が心地よかったのを覚えています。

受講中に印象に残っている出来事や、受けて感じた変化はありますか?

新鮮な野菜をいつも準備してくれていますが、
初回に出会ったパプリカを触ったときに
とってもきれいでうれしさがこみあげてきたのを覚えています。

パプリカをカットしながら、
わたしこれがやりたかったんだーって思いがこみあげ感動してました。

出来上がった料理もおいしくてしあわせでした。
素材が十分であればシンプルな調理で十分満足できることを体感して、
調味料や野菜の選び方が変わりました

今は野菜がジューシーと思えるまでに。

講義では食についての歴史、現状についてぼんやり知っていたことを
系統だてて説明
してくれました。

私と同じ視点で考えてくれる料理教室があるんだって
大切な原点に立ち返らせてくれた場所なんです。

食を日常の真ん中に置いていて、
毎日のごはんから私のしあわせを見つける」という言葉が大好きです。

仕事もしながらの受講、どのように両立されましたか?

忙しくなってしまうかな?という週は、
常備菜を多めに準備して自宅の食事づくりに対応しました。

スケジューリングをして自分にとってこれは必要と思うものは
受講していたので、休みのほとんどがワクワクワークのレッスンだった、
なんてことも!

ミーティングを含めてオンライン講座の対応があるところも魅力
たすかりました。

安心して食べられる習ったメニューを子どもたちが喜んで食べてくれると
疲れも吹き飛びます

認定講師になってよかったことは
ありますか?

おやつのレパートリーが増え、作りたいおやつが作れるようになり
子どもがよろこんでいること。

赤ちゃんを育てながら働いているお友達にもおやつ選び、食事について
アドバイスしやすくなったことです。

自分たちがたべる食事はどこからくるのという疑問から、
食を守ること社会についても考えるようになり行動するようになりました。

ワクワクワークという食の実家があることで勇気づけられます

これからやってみたいことを教えてください!

シンプルなおいしさを幅広い方々に知ってもらいたい。
おにぎりキャラバン赤ちゃんママへのお話会
おやつレッスンの開催が目標です。

佳代さん、ありがとうございます!
お仕事もしながら、活動の幅をどんどん広げている佳代さん。
今後のさらなる活躍も楽しみにしています♪